Health and Beauty

保湿力を重視する

アトピーは乾燥により症状が悪化してしまいますが、乾燥は他にもしわの進行を手助けしてしまいます。そのため、保湿を行うことは重要なことです。中でも、保湿力高い成分を選びましょう。

気になる!!

年齢に合う使い方

年齢を感じるアトピー肌を改善する際は、加齢により失った美容成分を補う保湿化粧品を使いましょう。保湿効果のある化粧品と同様に、エイジングケア効果のある専用の保湿化粧品も存在します。年齢に応じて使い分けることもできるのです。

気になる!!

より効果的に

化粧水や美容液を上手に利用することで人間の肌は若々しく保つことができるようになります。保湿美容液のように2つが1つになっている便利な商品もありますから、積極的に使って下さい。

気になる!!

メイクを楽しもう

アトピー肌の人にとってまつエクは刺激の強いメイクになります。まつエクを付ける際に使用するグルーは敏感肌には刺激が強いこともあるのです。肌を常に保湿しメイクを楽しみましょう。

気になる!!

化粧品を選ぶ

胎盤から抽出された美容成分について

アトピーや肌荒れといった、様々な肌の悩みを改善できる美容成分として知られているのがプラセンタです。 化粧品や健康食品、サプリメントなどに多く含まれていて、体の内外から女性の美容に働きかけて改善する効果があります。 胎盤から抽出されたエキスで、豊富な栄養素を含んでいて、成長因子という肌細胞を活発化させる働きを持っているため、プラセンタ化粧品には高い美容効果を見込めます。 美白成分として認可を受けていて、メラニンによるシミを防いで新しいシミを増やさない働きがあります。 また、肌の新陳代謝を活発にしてくれるため、あらゆる肌トラブルを改善していくことができます。 そして、美肌の元であるコラーゲンの生成を高める作用を持っているので、肌の内側からハリや弾力を与えて保湿力をアップさせることができます。保湿力がアップすることで、肌のアトピーなどの悩みを改善していきます。

プラセンタの原料による違いについて

プラセンタの原料となるのは主に豚由来のものと馬由来のものがあります。 一般的に多く使われているのが豚由来のもので、化粧品やドリンク、サプリメントなどに配合されています。 人の肌にもなじみやすいため、多くの美容効果に期待することができます。 また、値段もリーズナブルで、コストパフォーマンスに富んでいて続けやすい値段だというメリットがあります。 一方、馬由来のものは、豚よりも栄養価に富んでいてアミノ酸量が約250倍もあります。 その分高い美容効果を期待することができますが、プラセンタ化粧品としての値段が高くなってしまいます。 最近では胎盤を持たない植物性のプラセンタも存在します。 植物の胚から抽出された成分ですが、動物性のもののように成長因子は含んでいません。 しかし、栄養豊富で低刺激だという特徴があるので、肌の弱い方でも使用することができます。